破産許可がなされた際に、不利益(デメリット)が存在するのかは自己破産申請を検討した人にとって九分九厘開始時に得たいデータだと考えられます。79-1-75

ここで破産認定者の受ける損に関しての項目をまとめ書きにしてみます。79-16-75

・公共の破産者名簿に載ります。79-9-75

※正当な本人証明書を出すための文書であるので通常の人は見ることができないはずですし免責の許諾がおりれば取り消されます。79-19-75

・官報へ記載される。わきが 対策

※新聞とは違って通常の本屋では販売されませんし通常の方達には関係のないものだと考えられます。79-8-75

・公法上におけるライセンス限定。79-20-75

※自己破産宣告者になったときは法曹、会計士、司法書士、税理士など資格所有者は資格無効になって業務をすることができません。79-7-75

・私法上のライセンスの制限。79-5-75

※自己破産者は後見人、連帯保証役、遺言実行役をやることが無理になります。79-14-75

その他、合名会社、合資の企業のサラリーマンおよび株式形式の会社、有限の企業の取締役員、監査役員の場合は退任理由になってしまいます。

・自動車ローンやクレジット機能を使用することができません。

破産管財人ケースのときは下記の制約が加わります。

・自身の家財を勝手に管理、放棄することが不可能になります。

・破産管財担当者や債権者委員会の求めがあれば詳しい回答をしなければいけません。

・司法の許しをもらわずに自宅の移転や長めの旅行をしてはいけません。

・司法が緊急だと許可したときには身柄を捕らえられる場合が存在します。

・送付品は破産管財役に届けられ破産管財を行う者は受け取った配達物を開けてもよいことになっています。

他にも、損失の、大抵誤解されている項目を一覧にしておきました。

1戸籍また住民台帳には記述されません。

2会社は破産してしまったことを原因にリストラすることは不可能です。

※破産者から言わないかぎり会社に気づかれる可能性はゼロに等しいです。

3投票資格や選挙資格などの公民の権利はそのままです。

4連帯保証役になっていないなら、近親者には肩代わりする責任などはありません。

5毎日の生活に欠くことのできない家財道具(ノートPCテレビなどをカウント)衣服などは差し押さえられることはありません。

破産人のデメリットに関する事項をリストアップしてみました。

破産申請をすることにより借金はまっさらになるかもしれませんが、今まで挙げたような不便性が存在します。

破産の申し立てを考慮する上でアドバンテージも損失真面目に検討した方がよいです。